greenの日記

ブログ運営/投資/株主優待/アドセンス の話し

【投資】TATERU(1435)の利回り0%を10%にする方法❗あっホルダー

こんにちは、greenです。みなさんは、TATERU(1435)を知ってますか?
あの不祥事を起こし、株価が暴落し、カラフルなクオカードの株主優待を廃止し、無配になり、利回りが0%になったIOTアパート経営のタテル君です。
私はTATERUを300株保有していましたが、200株は損切りし、100株は今だに保有中です。
そんな時、TATERU(1435)の利回り0%10%にする方法を知ったのです。f:id:greenupf:20200120220035j:plain  

クソ株が利回り10%なんてありえない、それ投資詐欺 ばぶー👶

そうなんです、詐欺です🦆。 おい、なんでやねん❗

ひとりボケ・ツッコミにならないレベルの利回り ばぶー👶
しかもタテル君で。。。

この記事では、投資詐欺の疑いを晴らすために、タテル君の利回り0%を10%にする方法を書きます。

この記事を読んで欲しい人は、投資に興味のある人タテル君などのダメな株を保有している人貸株に興味のある人になります。

記事の内容は、TATERU(1435)の株情報利回り0%を10%にする方法、最後にまとめを書きます。

TATERU(1435)の株情報

株価(100株)      : 22,100円 ※2020年1月21日の株価で計算
株主優待       :なし
1株配当予定      :なし
株主優待+ 配当    :-円
利回り        : 0.00%

https://corp.tateru.co/business

3,000円のクオカード優待が廃止され、業績が悪いので配当金もなくなり、脅威の利回り0%です。株価が上がろうが下がろうが不動の利回り0%です。

ちなみにタテル君は、私の2019年損切りランキング1位になります。ランキング3位までと損切り金額を書いていますので、気になる人は読んでください。

 

利回り0%を10%にする方法

では、タテル君の利回り0%を10%にする方法です。

その方法とは、貸株サービスになります。

貸株サービスとは、保有している株を貸すと金利が受け取れる仕組みになります。

次に私がタテル君の利回りを0%から10%にした手順を書きます。
その前に前提ですが、SBI証券のNISA口座でTATERU(1435)を100株保有している状態からの説明になります。

  1. 貸株サービスを申し込みます。
  2. NISAだと貸株に出来ないため、NISA枠のTATERUを成行きで売ります。

    f:id:greenupf:20200120142846p:plain

  3. 特定口座で2と同じタイミングでTATERUを成行きで買います。

    f:id:greenupf:20200120142916p:plain

  4. 信用取引口座を開設しているので、SBI証券の「口座管理-口座(円建)」から「貸株ー貸株振替」画面でTATERUを「貸株へ振替」ます。

    f:id:greenupf:20200120145120p:plain
    ※信用取引口座を開設していない場合は、手順が異なりますので、ご注意ください。

  5. あとは貸株の金利が入金されるのを待ちます。

SBI証券の貸株サービスについて詳しく知りたい人は、国内株式|SBI証券で確認ください。
また、SBI証券で口座を持っている人限定になりますが、貸株サービス適用金利を詳しく知りたい人は、SBI証券┃株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISAで確認ください。
最大年率12%の金利が適用されている株もあり、高配当の株よりも高い利回り😅。

まとめ

今回の記事では、TATERUの株を利回0%から10%の金利にする方法を書きましたが、投資詐欺の疑いは晴れましたでしょうか。
それでは、SBI証券の貸株サービスを利用して分かったことを、次に箇条書きで纏めます。

  • 貸株サービスは、申し込みが必要
  • NISA枠の株は、貸株サービスに利用出来ない
  • プレミアム金利適用で10%の金利を超えるものがある
  • デメリットもある
    詳しくは、SBI証券 HELP-重要事項で確認ください。

もっと早く貸株を知っていれば、無配当でも焦らずに良いタイミングで損切り出来たカモ🦆しれません。ダメな株を持っている人は、貸株の対象になっているか確認してみては如何でしょうか。

greenは、はじめての貸株なので、気づいてないことがあるカモばぶー👶
このポンコツ🦆チキン投資家🐓野郎を信用せず、使用上の注意を読んだうえで貸株にすることをお勧めします❗

金利10%の株である理由は気にしないあっホルダー🦆ですが、何か😡

日本株も米国株も好調ですが、いつか下がる時が来ますので、暴落に対するリスク対策は忘れずという記事です。 

www.green-up1.com

 最後まで読んでいただきありがとうございます。 

このエントリーをはてなブックマークに追加