greenの日記

ブログ運営/投資/株主優待/アドセンス の話し

簡単!Excelで画像の編集

こんにちは、greenです。皆さんは、ブログで使用する画像の加工はどのようにしていますか。私はExcel2016を使用して、画像の加工をしています。

f:id:greenupf:20190202212308j:plain  
大まかな流れは、パソコン画面の画像を取得し、画像を修正ブログへ貼付けという流れになります。
パソコン画面の画像を修正したい人Excelを使っている人の参考になればと思います。

ということで、今回の記事は、画像の取得、画像の修正、画像の貼付け方法ついて、書いていきます。おまけとして、他の画面イメージを取得する方法も書きます。

画像の取得

写真やパソコンの画面ショットを画像として、Excelに貼り付けます。

  1. 画像を貼り付けるExcelを開きます
  2. 1で開いたExcelに画像を貼り付けたい場所(セル)を選択します。
  3. メニューバーの[挿入]→[スクリーンショット]→[画面の領域]を選択します。

    スクリーンショットのメニューバー

  4. Excelが最小化され、パソコンの画面が白くなるので、画像としてとりたい範囲を選択します。

    スクリーンショットの選択範囲
    ※黒い線の四角で囲まれた範囲が、選択された箇所

  5. 張り付けたい場所に選択した範囲の画像が貼り付けられます

    スクリーンショットの画像貼付け

  6. 画像の貼り付け完了です。

画像の修正

次は画像の修正です。画像にコメントを追加し、画像の枠に色を付けます。

  1. メニューバーの[挿入]→[図形]→[吹き出し]を選択すると、カーソルが+になるので、吹き出しを入れたい場所で左クリックします。

    メニューバー吹き出し

  2. 赤枠の吹き出しが入りました。

    吹き出しを入れた

  3. 吹き出しを入れる場所を調整したいので、吹き出しを選択しながらカーソルを移動させます。
  4. 吹き出しに文字を入力したいので、吹き出しを右クリックで選択し、[テキストの編集]を選択します。吹き出しに入力できる状態になったので、コメントを入力します。

    テキストの編集

  5. 吹き出しが透け、文字が見にくいので、吹き出しを右クリックで選択し、[塗りつぶし]→[自動]などを選択します。

    吹き出しの塗り潰し

  6. 必要に応じて、コメントの追加などをします。

    楽天の売買

  7. 画像の境目が分かり辛いので、メニューバーの[書式]→[図のスタイル]を選択します。

    メニューバー画像の枠

    外枠が付きました。

    画像の枠を変更

  8. 画像の修正が完了です。

画像の貼付け方法

  1. 画像としてブログに貼付けたいものを選択し、コピーします。
    選択する数が少ない時)Ctrlを押しながら貼り付けたいものを選択し、コピーします。
    選択する数が多い時)メニューバーの[ホーム]→[検索と選択]→[オブジェクトの選択]を選択し、コピーします。
    f:id:greenupf:20181014060952p:plain
  2. ブログの画像を貼付けたい箇所を選択し、貼付け(Ctrl+V)ます。
  3. 画像のサイズを調整します。
  4. 全て完了!

画像のサイズ変更が出来ない人画像の貼付けが出来ない人ブラウザにEdgeを使用している人は是非👇を読んでください。 

www.green-up1.com

おまけ

実は、今回の記事で使用した画像は、Excelだけで作成していません。

「Excelで画像の編集」というタイトルなのに、Excel以外も使用している?えっ😡

Excelの操作を説明するため、メニューバーを開いた状態で画像をとりたいが、他のExcelを操作するとメニューバーが閉じてしまうため、Excel以外を使用しました。
次の2つを紹介しますので、参考にしていただければと思います。

PrintScreen

  1. 取得したい画面の状態にして、キーボードのPrtSc(PrintScreen)を連打押します。
    ※Alt+PrtScだと、選択した画面だけの画像取得になります
  2. 取得したイメージは、クリップボードにあるので、Excelなどに貼付けます。
  3. 画像を加工します。
    ※画像の取得範囲が全画面になるので、トリムなどの加工が面倒

Snipping Tool

  1. 下のイメージのように①でSnipping Toolを検索し、②でSnipping Toolを選択して開きます。
    snipping toolを開く
  2. Snipping Toolの画面が開きますので、遅延の5秒を選択します。

    snipping tool
    ちなみに、この画像はPrintScreenしたものをExcelに貼付け、欲しい箇所だけSnipping Toolでとったものです。
    👇Alt+PrtScも操作が少ないと考え試しましたが、待ち時間が1秒までしか表示されない。残念😢
    Alt+PrtSc

  3. [モード]→[四角形の領域切り取り]を選択します。

    領域の指定

  4. [新規作成]を選択し、5秒以内に取得したい画面の状態(Excelのメニューが開いた状態など)にします。

    5秒以内に操作出来なかった場合は、やり直しです。最大5秒って短い!優しくないよな!

  5. 画面が白くなりますので、画像として取得したい範囲を選択します。
  6. 取得したイメージは、クリップボードにあるので、Excelなどに貼付けます。
  7. 画像を加工します。 

最後まで読んでいただきありがとうございます。 

?