greenの日記

ブログ運営/投資/株主優待/アドセンス の話し

【ブログ運営】新しい外部リンクを見つけ評価する!

こんにちは、greenです。質の悪いサイトからのリンクがあると、あなたのサイトも評価が下がり、検索結果の順位低下になります
皆さんは、新しい外部リンクをどのように確認していますか。
ということで、今回の記事は私がしている新しい外部リンクを見つける方法と、サイトの評価方法を説明します。

f:id:greenupf:20181008152100j:plain

 

グーグルさんの検索順位が気になる人外部リンクが気になる人の参考になればと思います。
記事の内容は、リンクを否認するまでの手順外部リンクの取得新しい外部リンクの確認新しい外部リンクの評価外部リンクの否認管理用のExcelファイルの作り方、最後にまとめを書きます。

リンクを否認するまでの手順

外部リンクを確認し、リンクを否認するまでの手順です。

  1. グーグルサーチコンソール(Google Search console)より、外部リンクのサイト情報をコピーする。
  2. 外部リンクを管理しているExcel表に、外部リンクのサイト情報を貼り付け、新しい外部リンクか確認する。
  3. 新しい外部リンクを評価する。
  4. 新しい外部リンクの質が悪い場合は、リンクを否認する。
  5. 完了です。

外部リンクの取得

  1. グーグルサーチコンソールを開きます。 
  2. 左のサイドメニュー[リンク①]を選択すると、右がリンク画面になるので、上位のリンク元サイトの[詳細②]を選択します。

    上位のリンク元サイト

  3.  [⇩データをエクスポート①]を選択し、[Googleスプレッドシート②]を選択します。

    グーグルスプレッドシート

  4.  サイトの一覧が表示されますので、サイト[A列]を選択して、右クリックで[コピー]を選択します。

    外部リンクのサイト一覧

  5. 外部リンクの取得ができました。

新しい外部リンクの確認

  1. 外部リンクを管理しているExcel表を開きます。
  2. 開いたExcelのサイト[A列]に外部リンクのサイト情報を貼り付けます。

    外部リンクの管理

    判定結果[B列]に確認済みのサイトの確認結果が表示されます。問題がなかったものはOK、リンクの否認をしたものは削除で表示されます。
  3. 判定結果が#N/Aで表示されたサイトは、新しいサイトになるので、評価をします。

新しい外部リンクの評価

  1. グーグルサーチコンソールの上位のリンク元サイトから新しいサイトを選択します。

    外部リンクのサイト一覧

  2.  上位のターゲットページが開きますので、ターゲットページのURLを選択します。

    上位のターゲットページ

  3.  上位のリンク元ページが開きますので、新たなページのURLの右に□[新しいタブで開く]を選択します。
    ※ウィルス対策ソフトが入ってる端末で確認してください。

    上位のリンク元ページ

  4. 表示されたページを評価します。私の場合は、次が否認対象としています。
    ・ウィルス対策ソフトが危険と判断したサイト
    ・外国語のサイト
    ・古いサイト(2012年ごろから更新されていない)
    ・広告がえろいサイト
    ・雰囲気がやばいサイト
    ・記事一覧のサイト ※これは否認の判断難しい

外部リンクの否認

  1. https://www.google.com/webmasters/tools/disavow-links-mainを開きます。
  2. 赤枠のサイトがあなたのサイトと一致しているか確認し、問題なければ右の[リンクの否認]を選択します。
    f:id:greenupf:20190324060220p:plain
  3. [リンクの否認]を選択します。

    f:id:greenupf:20190324060541p:plain

  4. [ファイルを選択①]を選択するとファイル選択画面が表示されるので、リンクを否認するドメインを書いたファイルを選択します。[送信②]を選択すると確認メッセージが表示されますので、OKを選択します。[完了③]を選択して終了です。

    f:id:greenupf:20190324061434p:plain

リンクの否認ファイルの記載例(1行目はコメント、2行目から否認したいドメイン)です。

#以下のリンク削除依頼を行いたいが連絡する手立てがない
domain:XXX1.net
domain:XXX2.com
domain:XXX3.jp

管理用のExcelファイルの作り方

  1. 新規でExcelファイルを作成します。
  2. Sheet1のシート名を管理シートに変更します。
  3. 管理シートのA列にドメイン名、B列に対応結果を入力します。

    管理シート

  4. 管理シートをコピーして、作業用シートを作成します。
  5. 作業用シートの対応結果に赤枠で囲った計算式を入力します。

    作業用シート
    以下の3行をコピーして、Excelに貼り付けでもできます。
    =VLOOKUP(A2,管理シート!A:B,2,)
    =VLOOKUP(A3,管理シート!A:B,2,)
    =VLOOKUP(A4,管理シート!A:B,2,)
    入力するのが面倒なので、下のように4行目のAB列を選択した状態で、下にカーソルを移動して、計算式をコピーすることが出来ます。
    作業用シートの作成方法

  6.  A列のドメインの値を消し、対応結果が#N/Aで表示されれば、作業用シートの完成です。

    作業用シート

  7. 動作確認をします。作業用シートのドメインにテストとしてドメインを入力し、対応結果が想定した表示になるか確認します。
    管理シートにあるドメイン:管理シートの対応結果(OK/NG)が表示される
    管理シートにないドメイン:#N/Aが表示される

    作業シート

まとめ 

良い記事を書いても、質の悪いサイトからリンクがあるとサイトの評価が落ちます
私のサイトでも、ブログをはじめて1か月で質の悪いサイトからのリンクがありました。皆さんのサイトも質の悪いサイトからのリンクがあると思われます。

質の悪いサイトを否認すれば評価を落ちないようにすることが出来ますので、外部リンクを未確認の人は、Search consoleを使用して外部リンクを確認することをお勧めします。

また、外部リンクが多くなってくると、新しい外部リンクの確認が難しくなりますので、この記事で紹介した手順で確認してみては如何でしょうか。

質の悪いサイトから私のサイトにリンクをはらないでね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

?