greenの日記

ブログ運営/投資/株主優待/アドセンス の話し

【ブログ運営】インデックスカバレッジって何?(気になって眠れないことはない!)

こんにちは、greenです。4月のはじめ、グーグルの検索流入が少なくなりました。
ブログやアフィリエイトをしている人は、グーグルの検索流入が減ると、気になって眠れないのではないでしょうか。私はタイトルに書いたように、ぐっすり眠れますよ。 グーグルの検索流入が減ったのは、季節ものの記事が検索される時期を過ぎたためと思っていました。
そんな時、Google Search Consoleのインデックスカバレッジのグラフを見ていると、違和感がありました。
カバレッジのグラフ

何かがおかしい🤔

緑が少なくなっているよ!

ほんとだ😱、何もしていないけど

1日で有効(インデックス登録されている)ページの3分の1以上が、除外(意図的にインデックス登録されていない)ページになっていることに気づきました。
ということで、Google Search Consoleのインデックスカバレッジについて、調べてみました。
今回の記事を読んで欲しい人は、同じように、クロール済み - インデックス未登録」などの除外ステータスが気になる人インデックスカバレッジが気になる人になります。
記事の内容としては、インデックスカバレッジとはインデックスカバレッジレポートとはステータスとは除外ステータス除外ステータスの対応、最後にまとめです。

インデックスカバレッジとは

インデックスはGoogleが検索するための索引カバレッジは網羅しているページというように考えます。
インデックスカバレッジとは、Googleが検索するための索引に網羅されているページとなります。基本、インデックスカバレッジが有効でないとグーグルの検索では、表示されません
Index CoverageをGoogle翻訳で訳すと、インデックスカバレッジです。そのまま😅

インデックスカバレッジレポートとは

インデックスカバレッジレポートとは、Googleが検索するための索引に登録されているか確認するレポートになります。合わせて修正方法も確認できます
また、このレポートを利用するために、Googleの検索の仕組みを理解した方が良いとヘルプに書いていました。クローリングインデックス登録検索結果の表示について、はじめて聞いたという人は、こちらGoogle 検索の仕組み - Search Console Helpでお勉強してください。
さらに検索アルゴリズムを詳しく知りたい人は👇こちらで確認ください。
www.green-up1.com

ステータスとは

インデックスカバレッジレポートで確認できるステータスの種類としては、エラー・警告・除外・有効の4つとなります。

ステータス
各ページは、次の一般的なステータスのクラスのいずれかになります。

  • エラー: ページはインデックスに登録されていません。詳細とエラーの修正方法については、各エラータイプの説明をご覧ください。最初にこうした問題に集中する必要があります。
  • 警告: ページはインデックスに登録されているか、最近まで登録されていましたが、注意すべき問題があります。
  • 除外: ページはインデックスに登録されていませんが、エラーではありません。こうしたページはインデックス登録処理の途中段階にある可能性があります。また、ページが(noindex ディレクティブなどを使用して)意図的に除外されていて、正しい動作であることもあります。
  • 有効: ページはインデックスに登録されました。

 Google Search Consoleヘルプより

有効正常エラー・警告・除外なんらかの対応が必要になる場合があります。私のサイトでは、エラー・警告はありませんでしたので、除外ステータスの対応のみを検討します。

除外ステータス

今まで、除外ステータスについては、特に気にしていませんでした。しかし、有効数より除外数が多くなるとさすがに気になりはじめました。
さらに、下の引用「Google Search Consoleヘルプ」を読んで、ステータスが除外であるページはインデックス登録されてないことを知り、除外ステータスの対応をすることを決めました

除外
ステータスが除外であるページは通常、インデックスに登録されません。つまり、インデックス登録しないのが適切であると Google が判断したページがこの項目に該当します。こうしたページは、インデックスに登録済みのページと重複している、サイトのなんらかのメカニズムによってインデックスに登録できない、エラー以外のなんらかの理由でインデックスに登録できない、のいずれかに該当します。
Google Search Consoleヘルプより

私のサイトでの除外ステータスの内容は、次の5つになります。

  1. クロール済み - インデックス未登録
  2. 代替ページ(適切な canonical タグあり)
  3. 見つかりませんでした(404)
  4. クロールエラー
  5. 重複しています。Google により、ユーザーがマークしたページとは異なるページが正規ページとして選択されました

除外ステータスの対応

有効ページが減ったことを確認した2日後、インデックスカバレッジレポートを開くと、下のグラフのように、除外が減り有効が増えていました

2日後、対応を何もせずに、元の状態に戻っていました!
インデックスカバレッジのグラフ
(独り言)【復活後】のグラフを見ると、有効数が減った過去がなくなっている

 

まとめ

今回は、一時的にインデックスカバレッジから除外されその2日後には有効に戻っていました原因不明ですが、復活して良かったです。🤔

現在、除外ステータスとして、下の引用で書いた5つの内容が出ていますので、今後対応をすすめていきます。何か良い情報などありましたら、記事で公開したいと思います。

除外

  • クロール済み - インデックス未登録: ページは Google によりクロールされましたが、インデックスには登録されていません。今後、インデックスに登録される可能性がありますが、登録されない可能性もあります。この URL のクロールのリクエストを再送信する必要はありません。
  • 代替ページ(適切な canonical タグあり): このページは Google が正規ページとして認識しているページと重複しています。正規ページへのリンクが正しく指定されているため、これ以上の対処は必要ありません。
  • 見つかりませんでした(404): このページのリクエスト時に 404 エラーが返されました。Google は明示的なリクエストやサイトマップなしで、この URL を検出しました。Google は、別のサイトからのリンクとして、この URL を検出した可能性があります。または、ページは以前存在していましたが、削除された可能性があります。このような URL に対して、Googlebot は以後しばらくの間アクセスを試みます。クロールの頻度は次第に低下しますが、検出済みの URL を Googlebot から完全に削除する方法はありません。意図的に 404 レスポンスを返している場合は問題ありませんが、ページを移動した場合は 301 リダイレクトを使用して新しいアドレスに転送してください。404 エラーの修正方法についてご確認ください。
  • クロールエラー: この URL の取得時に不特定のエラーが発生しました。レスポンス コードが 4xx または 5xx レベルのエラーの可能性があります。URL 検査ツールを使用してページを取得してみて、問題が発生するかどうかを確認してください。ページはインデックスに登録されていません。
  • 重複しています。Google により、ユーザーがマークしたページとは異なるページが正規ページとして選択されました: この URL は、あるページセットの正規ページとして指定されていますが、Google は別の URL のほうが正規ページとして適切と判断しています。Google は、このページではなく、正規ページとして適切であると考えるページをインデックスに登録しました。このページを正規 URL の重複ページとして明示的にマークすることをおすすめします。このページは、明示的なクロール リクエストなしで検出されました。この URL を検査すると、Google が選択した正規 URL が表示されます。

Google Search Consoleヘルプより

 この記事公開の翌日にインデックスカバレッジの除外ステータスの対応を行いました。気になる人は読んでください。

www.green-up1.com

 


インデックスとサイトマップについて、調べた記事です。気になる人は読んでください。

www.green-up1.com 

他にも検索流入を増やすための記事を書いていますので、下のリンクを押して気になる記事がないか確認していただければと思います。

SEO カテゴリーの記事一覧 - greenの日記

最後まで、読んでいただきありがとうございます。

?