greenの日記

ブログ運営/投資/株主優待/アドセンス の話し

Google Lensを使っていない人は損をしている!(ライフハック生活)

こんにちはgreenです。皆さまは、Google Lensを知っていますか?
私は最近まで知りませんでした。こんな便利なものがあるとは、もっと早く知りたかった。知らない人は読むべきです。

f:id:greenupf:20190714091013j:plain

  ということで、Google Lensの使い方を確認します。

グーグルレンズって何❓

写真からグーグルの画像検索やOCRとして利用できるよ❗

 まずは、グーグルレンズのヘルプを確認します。その後、実際に使ってみます。

この記事がGoogle Lensを知らないグーグルの画像検索を知らない人良いOCRがないかと思っていた人の参考になればと思います。
記事の内容は、Google LensのヘルプGoogle Lensを使うまとめです。

Google Lensのヘルプ

Google Lensを使う前に、Google フォト ヘルプを確認してみます。

Google Lensは、Android・iPhoneともに利用できます。下の引用はAndroidの内容になりますので、iPhoneを使っている人は、必要に応じてリンクを参照ください。

写真の詳細を表示して操作を行う
重要: Google レンズを使用する前に Google レンズ アプリをダウンロードしてインストールします。

  1. Android スマートフォンまたはタブレットで Google フォト アプリ Photos を開きます。
  2. 写真を選択します。
  3. Google レンズ アイコン Google レンズ をタップします。
  4. 写真の内容に応じて、詳細の確認、操作、または類似商品の検索ができます。

以下は、被写体とそれを基に行える操作の例です。

  • 衣料品や家庭用品: 類似の商品や、その商品を購入できる場所を確認できます。
  • バーコード: バーコードを使って、その商品を購入できる場所など、商品に関する情報を確認できます。
  • 名刺: 電話番号や住所を連絡先に保存できます。
  • 書籍: 概要を表示し、レビューを読むことができます。
  • イベントのチラシや広告: カレンダーに予定を追加できます。
  • ランドマークや建物: 歴史的事実や営業時間などを確認できます。
  • 美術館の絵画: 作者についての情報などを読むことができます。
  • 植物や動物: 種類を確認できます。

ヒント: テキストをコピーするには、コピーする単語をタップして選択します。

写真や周囲の物に関する情報を表示する - Android - Google フォト ヘルプ

 なるほど、 Google フォトで写真を開き、Google レンズを使用すると、写真の内容に応じて、いろいろな情報が確認できます。

写真の内容に応じてとはどういうことばぶー👶

このあと、説明するよ😊

Google Lensを使う

 

では、 Google Lensを使って行きましょう。手順は次になります。

  1. スマートフォンを手に持ちます。 
  2. Google フォト アプリ Photos を開きます。

    f:id:greenupf:20200712054000p:plain

  3. 写真の一覧が表示されますので、写真を選びます。
  4. 写真が表示されますので、画面下の黄色枠部分を選択します。

    f:id:greenupf:20200712054507p:plain

  5.  画面がキラキラ✨した後に、画像に関連する情報が表示されます。

    f:id:greenupf:20200712054959p:plain

  6.  おー凄い画面下に関連コンテンツが表示されました。

Google Lensを使う(文字を含む画像)

写真の内容に応じて、いろいろな情報を確認できますので、次は文字を含む画像で、Google Lensを使って行きましょう。手順は次になります。

  1. スマートフォンを手に持ちます。 
  2. Google フォト アプリ Photos を開きます。
    f:id:greenupf:20200712054000p:plain
  3. 写真の一覧が表示されますので、写真を選びます。
  4. 文字を含む画像の場合は、画面下に「画像からテキストをコピー」と表示されます。
    先ほどと同じように、画面下の黄色枠部分を選択します。f:id:greenupf:20200712060128p:plain
  5. 画面がキラキラ✨した後に、画像に関連する情報が表示されます。

    f:id:greenupf:20200712060505p:plain

  6.  赤枠内のテキスト部分を選択すると、スマフォやパソコンのクリップボードにもコピーできます。

    f:id:greenupf:20200712060648p:plain

  7.  選択可能な情報が複数ある場合は、白○部分を選択して、情報を切り替えます。では、まん中の白○を選択すると、画面下にショーエイコーポレーションと会社名が表示されました。

    f:id:greenupf:20200712061127p:plain

  8.  では、画面右上の白○を選択すると、画面下に日付が表示され、カレンダーの予定として登録できます。

    f:id:greenupf:20200712061240p:plain 

まとめ

Google フォトからGoogle Lensを使って、画像検索やOCR(画像の文字から電子テキスト化)、カレンダーを利用しました。

実際に利用するイメージができたと思うので、使い方を纏めます。

画像検索

  • 植物や動物の画像から種類や名前を確認できる
  • 美術館の絵画の画像から作者についての情報などを確認できる
  • 衣料品や家庭用品の画像から似た商品や、その商品を購入できる場所を確認できる
  • ランドマークや建物の画像から 歴史的事実や営業時間などを確認できる
  • 書籍の画像から概要を表示し、レビューを読むことができる

OCR(画像の文字から電子テキスト化)、バーコード

  • 名刺の画像から 電話番号や住所を連絡先に保存できる
  • テキストを含む画像から テキストをコピーできる
  • イベントのチラシや広告の画像からカレンダーに予定を追加できる
  • バーコードを使って、その商品を購入できる場所など、商品に関する情報を確認できる

これから記事作成の入力の手間が減るかな😊

小さい文字の場合は写真撮って保存しておけば、大きく見れるし、テキストをコピーできるよ、この老眼野郎👶 

👇Googleのおすすめの記事をカスタマイズしようという記事です。

www.green-up1.com

 最後まで読んでいただきありがとうございます。