greenの日記

ブログ運営/投資/株主優待/アドセンス の話し

【REIT】2019年のNISA利用可能枠を使うため最後の追い込み❗

こんにちは、寄付き成行き買いしか出来ないチキン投資家のgreenです。
2019年NISA利用可能枠の期限(2019年12月26日)を過ぎると、NISA利用可能枠が初期化されます。なので、最後の追い込み中です。f:id:greenupf:20191225002953j:plain
 

まだ残ってるの?早くつかいなよ!
ノロマ🐢なチキン🐓豚野郎🐷さま

なんかあたりがキツイな😅

ということで、12月にNISA利用可能枠で、買った株を振り返り、最後に何を買うか検討します。
読んで欲しい人は、NISAの利用可能枠が残っている人インフラファンドとJリートが気になる人になります。

記事の内容は、買ったインフラファンド買ったJリートNISA利用可能枠、最後にまとめを書きます。

買ったインフラファンド

12月9日に日本再生IF(9283)を1口買いました。
2019年12月24日の価格で、利回りを計算すると次になります。

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人(9283)

価格(1口)    :104,200円
1口分配予定  :6,400円
利回り     : 6.14%

http://www.rjif.co.jp/

 購入価格が10万円台で利回り6.14%は日本株に比べると利回りがかなり高い。

買ったJリート

12月16日にR-INV(8963)を1口、R-大江戸温泉(3472)を1口買いました。
2019年12月24日の価格で利回りを計算すると次になります。

インヴィンシブル投資法人(8963)

価格(1口)    : 62,000円
1口分配予定  :3,537円
利回り     : 5.70%

https://www.invincible-inv.co.jp/

大江戸温泉リート投資法人(3472)

価格(1口)    : 91,500円
1口分配予定  :4,717円
利回り     : 5.16%

https://oom-reit.com/

 2つとも、購入価格が10万円以下で利回り5%以上は良いのではないでしょうか。 

 

NISA利用可能枠

12月にインフラファンドを2つ、REITを1つ買って約26万円を使いました。その結果、NISA利用可能枠は約18万円となっています。
あと、18万円で何を買うのかそれは、インフラファンドでもなく、REITでもなく、
👇です。

アルペン(3028)

株価(100株)      : 179,500円
株主優待       :優待券1,000円×2回(6月、12月)
1株配当予定      :40円
株主優待+ 配当    :6,000円
利回り        : 3.34%

https://www.alpen-group.jp/ir/benefit.html

買う理由はスポーツ店(スポーツデポ、アルペンなど)の株主優待が欲しいから 

タイトルにREITとあるけど、買う株は日本株かーーい👶

 

まとめ

NISA利用可能枠で最後に何を買うか悩んだ結果、落ちるナイフとなっているインフラファンドやREITも良いと思ったのですが、株主優待狙いでアルペン(3028)を買うことにしました。
しかし、NISAの利用可能枠ばかり意識していたので、買付余力の金額が不足しており、注文できていないです。早く入金しないと。

これは、NISA利用可能枠が利用できないパターンですね!クリスマスチキン🍗野郎

まだ2日あるから大丈夫な筈💦 

株価暴落時のリスク対策も忘れずに❗

www.green-up1.com 

最後まで読んでいただきありがとうございます。 

* 当ブログは情報の提供を目的としており、くれぐれも、投資は自己責任でお願い致します。