greenの日記

ブログ運営/投資/株主優待/アドセンス の話し

【ブログ運営】知らないサイトに私の記事が、しかも選択するとプライバシーエラー😱

こんにちはgreenです。Google検索で株主優待記事を検索していると、私の記事が表示されたので、選択しました。

すると、パライバシーエラーになるというお話しです。

f:id:greenupf:20200810115943j:plain
 

greenの記事はプライバシー違反だということばぶー👶

意味が分からないっす😡

まずは状況を整理して、今後の対応を検討したいと思います。

この記事がブログ運営をしている人の参考になればと思います。

記事の内容は、状況の整理今後の対応、最後にまとめです。

状況の整理

プライバシーエラーの発見

そう、私は3連休中の最終日に、適当にグーグル検索を使って、株主優待の記事を確認していました。

最近は私のサイトへのGoogle検索流入も減り寂しいと思いながら、「株主優待 クオカード 安い 2020年5月」で検索すると、なんと3番目に表示されました。

わ~いと思い、リンクを選択しました。

f:id:greenupf:20200810100857p:plain

すると、プライバシーエラーが表示😱。

f:id:greenupf:20200810101203p:plain

しかも、リンク先は知らないものです🤔。

プライバシーエラーのサイト確認

まずは、リンク先のドメインの「proxypy.org」をグーグルさんで検索しました。

すると、超最悪な古参の丸パクリコピーサイトproxypy.orgを著作権違反で通報しよう! | ホームページ制作 【スタジオCASIS】といういかにもなタイトルの記事がありました。

結論から言うと、私の記事がコピーされているようです。

一応、「site:proxypy.org greenの日記」で確認してみると、1日前にも新たに記事がコピーされていました。

f:id:greenupf:20200810104755p:plain

Google検索の影響は?

記事がコピーされた5月6日以降から検索件数が下がっています。

f:id:greenupf:20200810105644p:plain

記事がコピーされていることが影響しているのかな🤔。
こんな弱小ブログの記事をコピーしなくても。。。

今後の対応

対応としては、著作権侵害による削除をグーグルさんに依頼したいと思います。

追記:実際に削除依頼しようとしましが、個人名が公開されるということなので、一旦申請は保留にしました😢。

まとめ

コピーサイトの人は、コピーしないように😡。

もし、私と同じように、検索流入が減っている人は、記事がコピーされていないか確認しては、如何でしょうか。

著作権侵害による削除を行った後、検索流入が増えた場合は、後日報告いたします。

👇以前は外部リンクを否認していたけど、最近は気にしなくても良いという記事です。

 最後まで読んでいただきありがとうございます。 

このエントリーをはてなブックマークに追加