greenの日記

ブログ運営/投資/株主優待/アドセンス の話し

【SEO】実験22ドメインの否認を解除!2週間後の表示回数は?

こんにちは、greenです。2週間前、Google Search Consoleより否認していた24ドメインのうち、22ドメインの否認を解除しました。2週間経過した今日、グーグルサーチコンソールより、否認解除の前と後の表示回数について確認します。
外部リンクの否認を解除した時の記事は👇になります。www.green-up1.com 

前回の記事公開より間が空いていますので、簡単に経緯を説明します。

  • 質の悪いサイトからの外部リンクがあるとグーグルさんからの評価が下がるので、否認をしていました
  • しかし、最近は質の悪いサイトからの外部リンクはグーグルさんで影響しないようにしてくれていると思われる。
  • では、否認しているドメインの否認を解除してみる。
  • 否認の解除をして2週間経ったので、グーグルさんの評価を確認してみる。
    ☝この記事はここ 

では、グーグルサーチコンソールのレポート機能を使って、表示回数を確認していきます。

今回の記事を読んで欲しい人は、質の悪いサイトからの外部リンクの否認をしている人と、外部リンクの否認を検討している人になります。

内容としては、表示回数の確認方法レポートの設定、最後にまとめを書きます。

表示回数の確認方法

否認を解除したのが5月19日(日)、今日は6月2日(日)なので2週間が経過しましたので、否認解除するまでの2週間と否認解除後の2週間で比較します。

  • 5月6日(月)から5月19日(日):否認中
  • 5月20日(月)から6月2日(日):否認解除

上の否認中と否認解除の期間をグーグルサーチコンソールの検索結果を表示して、期間比較を使って確認します。言葉で伝わり辛いので、次のレポートの設定で細かく操作を説明します。

レポート設定

  1. Google Search Consoleを開きます。
  2. サマリ画面が表示されますので、画面左の[G 検索結果]を選択します。

    レポート設定2

  3. 検索結果のパフォーマンス画面が表示されますので、画面上の[日付]を選択します。

    レポート設定3

  4.  新しく期間画面が表示されますので、[比較]を選択し画面の一番下の[カスタム]を選択します。その後、比較したい期間を入力します。

    レポート設定4

  5. 5月6日から5月19日と5月20日から5月29日を入力し、[適用]を選択します。
    ※まだ6月2日は選択出来ないようです。

    レポート設定5

  6. クリック数と表示数のグラフが表示されます。レポート設定6
  7. 分かり辛いので、表示回数だけの表示します。
    画面左上に表示されている[合計クリック数]を選択すると[合計クリック数]の色が白になり、下のグラフのように表示回数のみになります。
    実線が否認解除前(5/6-19)、点線が否認解除後(5/20-29)になります。レポート設定7
    否認解除直後:表示回数が増えた。わーい😊
    3日から6日後:表示回数が減ってきた。やばい😱
    7日後から:表示回数が増えてきて、否認中と同じ表示回数になった。🤔
  8. 比較の期間を合わせると下のグラフになります。こちらの方が見やすいな。

    レポート設定7-2
    比較結果は上と同じく、最初は良かったが、悪くなって、最近は戻してきた。

まとめ

私の場合、否認の解除前と解除後で、表示回数など大きな違いはなかったので、グーグルさんのサイトの評価は変わらなかったと考えています。
以前は毎日外部リンクの確認を行っていましたが、5月19日の否認を解除した時から確認はしていませんでした。

では、今から確認します、新しい外部リンクがないことを確認しました!
こちらは想像ですが、グーグルさんが質の悪い外部リンクをグーグルサーチのリンクに表示しないようにしていると思います。

なお、グーグルさんは頻繁に外部リンクを確認する必要はないと言っていますが、全く外部リンクを確認しなくて良いとは言っていない。言い換えると、月1回程度は外部リンクの確認をした方が良いということになるのでしょうか。
引き続き、私は月1回程度は👇の記事の手順で外部リンクを確認したいと思います。確認だけであれば、慣れると1分もかからないので、気になる人は読んでください。www.green-up1.com

今更、外部リンクの評価や否認方法を覚えても、掛けた時間の割に効果がないのでは?
上の記事は陳腐化してるよ!

ほんと😅、リライトが必要だね!

外部リンクの否認や否認を解除する場合は、くれぐれも自己責任でお願いします。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。