greenの日記

ブログ運営/投資/株主優待/アドセンス の話し

【ブログ運営】Twitterのアカウントロック解除して分かった3つ(電話、英語、できない)のこと

こんにちは、greenです。Twitterのアカウント登録した時の話しです。登録して直ぐにロックされ、ロック解除をするのが大変でした。Twitterでロックされる人は多いようですので、みなさん気をつけてくださいね。
今までアカウントロック解除をしたことがない人や今後Twitterをはじめる人の参考にしていただけばと思います。 先にまとめとして「Twitterのアカウントロック解除して分かった3つのこと」を書きます。

[まとめ]

認証コード電話の音声で通知される場合がある
②電話通知の場合、外国人のおっさん6桁の認証コードを英語でつぶやく
英語のできない人(私)は、6桁の数字の1番最初を聞き逃す

 

ここからは、まとめについて書いていきます。まとめが気になった人は引き続き読んでいただければと思います。はじめにSNS 検討を書き、その後に、Twitterのアカウントがロックされ、解除されるまでを書きます。

[SNSの検討]

Face Book実名で登録ということもあり、個人情報心配なので、登録を見送りました。Instagram写真投稿する予定ないので見送り、残るツイッターを登録をすることにしました。

[Twitterのアカウント登録]

インターネットでアカウント登録方法を確認し、スマートフォンでアカウント登録をはじめました。すぐに問題が発生、ユーザ名をgreenで登録したいのに、green12345678のようにアカウントが作成され不要な番号8桁もついてきた。

こんなユーザ名は覚えられないため、ユーザ名変更したその時、

電話番号を追加の画面が表示され電話番号を入力しないと先に進めない!

電話番号の登録は任意だった筈、なのに。。。

 

アカウントロックの原因は、ユーザ名変更が影響したのかと思いつつ、仕方がないので電話番号入力し、画面下にあるボタンを選択しました。

すると、スマートフォンの着信音がった。
ショートメッセージの認証コードで連絡だと思っていたため、ビックリした。
また、その時は電車に乗っていたので、電話には出ず留守番電話に切り替わりました。

 その後、若干の違和感を感じつつ、認証コードとして[1-404-04]を入力しました。
認証失敗!

それは認証コードではなく、アメリカ合衆国からの電話番号なのだから。

 次は留守番電話のメッセージがあることに気づき留守電サービスに電話すると、

英語(外国人のおっさん)のメッセージがありました。

 何度か留守番電話のメッセージを聞き、認証コードをメモし、ロック解除を試しましたが、認証失敗が続く。その日はロック解除をあきらめ、翌日にチャレンジしようと、スリープしました。

 起きてすぐに、電話番号を追加の画面電話番号入力し、下のボタンをクリックしました。

 外国人のおっさんからの電話をドキドキしながら待ち、スマートフォンの着信音が鳴ったので、電話に出ました。ハロー!
自動音声で、2回認証コードが言われて電話が切れました。

私の英語レベルでは、2回では聞き取れないため、3度目の電話番号を追加の画面電話番号入力し、下のボタンをクリックしました。

今度は聞き返すために、電話に出ず留守番電話にした。何度か留守番電話を聞き、試したが認証失敗が続く。なぜなんだ?

インターネットで調べた結果、認証コードが、6桁であることが分かった。
再度、留守電のメッセージを聞くと、6桁の数字を言っている。外国人のおっさんがばやく1番最初の数字をつぶやいていることに気づいた。リスニング不足を痛感!

 この6桁の数字で無事ロック解除出来ました。

そのあと、登録した電話番号を削除し、ユーザー名を変更しました。

  (電話番号登録時の注意)

操作方法や設定内容によっては、電話番号を登録することにより、Twwiterのアカウントを電話帳に登録されている人に知らせたり、Twwiterのアカウントを電話番号で検索できるようになる機能があるため、知人などにアカウントを知られたくない場合、注意が必要です。 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ

 

?